オール電化を導入するメリットとデメリット

オール電化を導入するメリットとデメリットを紹介していきたいと思います。

オール電化とはガス管を撤去し、自宅のすべてを電気で賄うことができる住宅のことをさしています。

全てを電気で管理できるようにすることでメリットもありますが当然デメリットもありますので一つずつ見ていきましょう。

オール電化のメリット

オール電化の最大のメリットはやはりガスを使わなくなったことによる光熱費の節約でしょう。

ガスの基本料もかからなくなるため光熱費は電気代のみとなり、電気を利用する時間帯を意識することで光熱費を抑えることができるようになります。

ガスがなくなったことによりガス漏れの心配やコンロを使った火事の心配もなくなります。

キッチンはIHクッキングヒーターを利用することになるので、掃除の際の手間がかなり省かれます。

太陽光発電を併用していれば更に電気代を節約することもでき、売電収入を加味すると電気代を実質0円にすることもできます。

オール電化のデメリット

一方でオール電化にもデメリットがあり、最も大きなものは停電時になにも使えなくなることです。

ガスを利用していればお湯を沸かしたりすることはできますが、オール電化だとそれもできないので身動きが取れなくなります。

またIHクッキングヒーターは非常に便利ですが、使える調理器具が専用の物に限られてしまうため、これまでガスを利用していた場合は使えなくなることが多いです。

当然ですがオール電化自体の導入にもそれなりのコストがかかってしまうため、手軽に誰でも導入というわけにはいきません。

このようにオール電化を導入することにはメリットとデメリットがあるので、しっかりとそれらを考えたうえで導入するかどうかを検討する必要があります。

業者はオール電化を導入すると得をするという話しかしませんが、実際には導入後にもメンテナンス費用などがかかってしまうため、最初の計画通りにはなかなかことが進みません。

ですのでオール電化を導入する場合はどちらが得かを考えるのではなく、どちらの利便性が高くストレスフリーで過ごすことができるようになるのかを考えた方がいいでしょう。

特にキッチンで料理する方にとってはガスが電気になるだけでかなり使い勝手が変わってくるので慎重に考えた方がいいと思います。

一度オール電化にしてしまうと元に戻すのは非常に難しいので、事前にしっかりと考えておくことをおすすめします。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク