福岡県で太陽光発電を導入した場合の発電量

福岡県で太陽光発電を導入した場合の発電量はどれくらいになるのか調べていきたいと思います。

太陽光発電を設置する前に自分の住んでいる地域ではどれくらいの発電量になるのか気になっている方は多いと思います。

福岡県を含む九州地方の予想発電量は以下のようになっています。

これを見ると福岡県の発電量は他の県に比べて若干劣っていますが、全国で見ると平均かそれよりも若干少ない発電量となっています。

福岡県の年間降水量はだいたい全国平均と同じぐらいになっており、日照時間を比較したランキングでもだいたいまん中からそれよりも若干低いぐらいの順位になっています。

九州は台風が上陸しやすいのでその影響は多少あるかもしれませんが、日本に上陸すると全国的に影響が出ると思われるのでそこまで大きな違いは出ないでしょう。

つまり福岡県の発電量は日本の平均的な数字となっており、取り立てて変わったところがないものになっています。

福岡県の月ごとの発電量予想は以下のようになっていますが別に目立った部分は見られません。

よって結論としては福岡県で太陽光発電を導入しても問題なく発電してくれるということです。

ただし初期費用を回収できるかどうかはパネルを設置する向きにもよりますし業者によっても変わってきます。

太陽光発電の発電量が最もよくなるのは南向きに垂直から30度の向きに設置した時と言われているので、ここからどれだけずれているかで年間発電量は変わってきます。

また施工を依頼する業者が違えば100万円以上差がつくこともあるため、地元の優良業者に施工を依頼するのが最も確実な手段となります。

地元の業者に施工を依頼する理由はその地域ならではのトラブルの対処法などがわかっているからです。

業者の比較は一括見積もりサイトを利用することで効率よく行うことができるようになっています。

一括見積もりサイトで特に利用者数が多いのはタイナビやソーラーパートナーズなどのサイトで、本サイトでも紹介しているのでまだ利用したことがないという方は是非利用してみてください。

福岡県の優良業者であなたの条件に最適な業者が必ず見つかると思いますよ。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク