新潟で太陽光発電を導入した場合の発電量

新潟で太陽光発電を導入した場合の発電量はどれくらいになるのか調べていきたいと思います。

太陽光発電を設置する前に自分の住んでいる地域ではどれくらいの発電量になるのか気になっている方は多いと思います。

新潟県を含む全国の予想発電量は以下のようになっています。

これを見ると新潟県の発電量は全国的に見ても少ないことがわかります。

理由を探るために東芝が掲載している月ごとの発電量予想も引用しておきますね。

これを見ると夏の発電量は多いのに対して冬の発電量が極端に少なくなっているのがわかります。

もうわかっている方も多いと思いますが、新潟では冬になると雪が積もってしまうため発電量が極端に少なくなってしまいます。

しかもこれはあくまで予想となっているので実際にはもう少し違った結果になるでしょう。

これで本当に元が取れるのか不安に思っている方も少なくないと思いますので、新潟の業者が実際に施工した家の発電レポートを引用しておきたいと思います。

これは新潟県の西区の発電量のレポートになるのですが、夏は予想よりも多く発電しているのに対して冬は予想よりもかなり少なくなっています。

予想発電量は太陽光パネルが雪で埋もれることを想定していないので、実際に発電すると冬はかなり少なくなってしまうようですね。

ただし全体的に見ると予想発電量よりも多く発電しているため、発電シミュレーションできちんと初期費用が回収できているようなら大丈夫だと思います。

もちろん地区によって発電量に差はありますが、だいたいどの地域も予想発電量よりは多く発電しているという結果になっていましたので安心してください。

元を取るために必要なのは冬に発電しないことではなく質のいい業者に施工を依頼することなので、新潟県で太陽光発電の設置を検討しているならまずは業者選びに力を入れるようにしてください。

一括見積もりサイトを利用すればあらかじめ厳選された業者から見積もりを得ることができるため時間と手間が省けてお勧めです。

質のいい業者を見つけることができれば現実的な発電シミュレーションを作成してくれますし、アフターフォローも充実しているので快適なエコライフを満喫できると思いますよ。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク