太陽光発電で10kw以上の余剰電力買取について

太陽光発電で10kw以上のシステムを設置した場合の余剰電力買取について解説していきたいと思います。

太陽光発電を設置する際は10kWを境に売電に関する取り扱いが変わってくることになり、10kW以上のシステムになると産業用太陽光発電という呼ばれ方になります。

住宅用(10kW以下)と産業用(10kW以上)ではそもそも売電価格が異なっており、買取価格が固定される期間も異なります。

年度 住宅用 産業用
2012年(平成24年) 42円・10年間 40円+税・20年
2013年(平成25年) 38円・10年間 36円+税・20年
2014年(平成26年) 37円・10年間 32円+税・20年
2015年(平成27年) 33円(出力抑制なし)
35円(出力抑制あり)
10年間
29円+税・20年
2016年(平成28年) 31円(出力抑制なし)
33円(出力抑制あり)
10年間
24円+税・20年
2017年(平成29年) 28円(出力抑制なし)
30円(出力抑制あり)
10年間
21円+税・20年
2018年(平成30年) 26円(出力抑制なし)
28円(出力抑制あり)
10年間
未定
2019年(平成31年) 24円(出力抑制なし)
26円(出力抑制あり)
10年間
未定

住宅用では余剰買取制度が適用されることになり、発電した電力の内余った分だけしか売電することができません。

しかし産業用では全量買取制度が適用できるようになり、発電した電力全てを売電することができるようになります。

買取価格が固定される期間も20年と長いため住宅用に比べて若干売電価格が引き下げられています。

では10kw以上のシステムを設置した場合は全量買取にするしかないのでしょか?

実はそうではなく10kw以上のシステムを設置した場合でも余剰買取制度を選択することができるようになっています。

しかも余剰買取制度を選択した場合でも買取価格が固定されるのは20年となっています。

そのため自宅で10kW以上のシステムを導入する場合は余剰買取制度を利用して電気代を節約することも可能となっています。

2017年の時点で産業用の売電価格は21円となっており、今後も価格は下げられていくと考えられます。

1kWhの電力を購入する場合の価格はだいたい25円前後になっているため、自宅に産業用太陽光発電を設置する場合は売電するよりも自宅で消費した方が得をするということになります。

そのため自宅に設置する場合で全量買取制度と余剰買取制度のどちらにするか悩んでい場合は余剰買取制度を選択した方がいいでしょう。

余談ですが、自宅に産業用を設置する場合は補助金の対象外となる場合があるので、事前にしっかりチェックしておきましょう。

大きな規模を設置する場合はそれなりに費用もかかってしまうため、業者選びはしっかりと行うようにしてくださいね。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク