売電に関する情報

卒FITに対する資源エネルギー庁の対応と今後のスケジュール

更新日:

卒FITに対する資源エネルギー庁の対応と今後のスケジュールについてお伝えしていきたいと思います。

太陽光発電に関するルールは経済産業省の資源エネルギー庁の管轄となっています。

身近なものでいえばFIT法(固定価格買取制度)なんかも資源エネルギー庁が施行しています。

最近では卒FIT勢に対する今後の対応なども発表しており、公式サイトからだれでも閲覧できるようになっています。

https://www.enecho.meti.go.jp/about/special/johoteikyo/taiyoko_manryo.html

上記のページで卒FITに対して以下のように言及しています。

買取期間満了に向けては、政府機関や現在大多数のFIT認定電源の買取事業者となっている大手電力会社、FIT卒業後の太陽光発電の余剰電力の買取りを希望する事業者など、それぞれが適切な時期に、必要な対応をおこなっていくこととなっています。

太陽光発電システムを導入している方は遅かれ早かれ卒FITになるときが来るので、その時までにきちんと情報を仕入れておくことが重要です。

また資源エネルギー庁は公式サイト内で卒FIT後も売電を行ってくれる業者を掲載しているので興味のある方はそちらもご覧ください。

https://www.enecho.meti.go.jp/category/saving_and_new/saiene/solar-2019after/retail_electricity_utility.html

これはほんの一部になりますが新規電力会社もたくさん参入してくるため資源エネルギー庁の公式サイトに記載されているのは大きなアドバンテージであるといえるでしょう。

利用者にとっても信頼できる業者だと一目でわかりますからね。

卒FITに関する最新の情報はまず最初に上記のサイトで公開されることになるので、特に今年度中に対象となる方は必ずチェックするようにしておきましょう。

重要なのは自分が住んでいる地域で今後も買取を行ってくれる業者はどこなのか、またその金額はいくらなのか、サービスを利用するためにはどんな手続きが必要なのかをチェックしておくことです。

何もせずに万が一手続きが必要だった場合は余剰電力は無償で引き取られることになってしまうので必ず確認しておきましょうね。







おすすめの太陽光発電業者比較サイト

ソーラーパートナーズ

太陽光発電の見積もり件数4年連続No.1!審査通過率9.8%の厳しい審査を通過した優良業者を最大3社まで比較することができます。施工からアフターフォローまですべて同じ会社が行ってくれるので設置後も安心して運用することができます。業者の約65%が専属契約しているためここでしか見つからない業者がたくさんあります。太陽光発電の設置を検討しているなら必ず1度は利用しておきたいおすすめのサイトです。

タイナビ

登録業者数No.1!一度の見積もりで最大5社まで比較することができます。登録業者の情報はすべて開示されており透明性が確保されているだけでなく、ペナルティー制度によって苦情が一定数に達した業者は削除されるようになっています。つまり信頼できる業者だけから見積もりを取ることができるようになっているというわけです。顧客満足度は驚異の98%!太陽光発電を安く設置したい方はぜひ利用してみてください。

-売電に関する情報
-,

Copyright© 太陽光発電の設置価格が業者によって違う理由 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.