売電に関する情報

卒FIT後の四国電力の買取価格と対応について

更新日:

卒FIT後の四国電力の買取価格と対応について詳しくお伝えしていきたいと思います。

FIT法は2009年の11月に施行されたため2019年の11月から順次固定価格での買取が終了していきます。

これに伴いすべての大手電力会社は引き続き電力の買取を行うことを表明し、これをビジネスチャンスだととらえた多くの企業が当たらに参入を決めています。

四国電力では新たな買取単価により引き続き余剰電力を購入する「買取プラン」、余剰電力を同社が仮想的に預かり、その分を電気料金から割り引く「ためトクサービス」、蓄電池の設置を希望する顧客向けの「蓄電池購入プラン」の3つを用意しています。

買取プラン

誰でも加入することができる買取プランでは7円/kWhで買取を行ってくれます。

この買取価格は各地域の電力会社と比較しても低い水準となっているでしょう。

ほかの電力会社の買取価格が気になる方は以下のページを参考にしてください。

https://www.grimaco.org/baiden/sotufit-kaitorikakaku/

売電して得られた利益は後日電力会社から振り込まれることになります。

ためトクサービス

ためトクサービスでは「ためトク割」と「割増買取割」の2つの段階で電気料金が割引されるプランとなっています。

ためトク割

発電した電気を電力会社に預け、最大150kWh/月まで電気料金を割引してもらうことができます。

仮に加入しているプランで電気料金が30円/1kWhだったとしたら、最大で4500円の割引を受けることができるというわけです。

割増買取割

利用者の中には売電できる量が150kWh/月以上になる人もいると思います。

150kWh/月を超える分は通常の7円から1円割増の8円/kWhで買い取ってもらうことができます。

例えば売電量が400kWhある場合は150kWh分がためトク割に利用され、残りの250kWhが8円/kWhで買い取ってもらえます。

これらの割引はすべて使用している電気料金に反映されるため売電分の料金が振り込まれることはありません。

ためトクサービスの対象となるのは「季節別時間帯別電灯」「時間帯別電灯」「おトクeプラン」「でんかeプラン」の4つのプランとなっています。

蓄電池購入プラン

発電した電力は売電するよりも自家消費したほうが得をするようになっています。

1kWhの買電価格は20円から30円なのに対して売電価格は7円ですからね。

ですが効率よく自家消費するためには蓄電池を設置する必要があります。

そのため蓄電池を設置するにあたって安心価格・安心施工・安心アフターサービスの四国電力グループ 四電エナジーサービスから蓄電池を設置できるようです。

割安になっているのかどうかについては不明です。

以上が四国電力が用意しているプランになります。

最大限活用しようと思ったら四国電力の対象プランに加入して8円で買い取ってもらう必要がありますね。

更に詳しく知りたい方は公式サイトに詳細が記載されているのでそちらを参考にしてください。

https://www.yonden.co.jp/lp/solar-2019after/index.html







おすすめの太陽光発電業者比較サイト

ソーラーパートナーズ

太陽光発電の見積もり件数4年連続No.1!審査通過率9.8%の厳しい審査を通過した優良業者を最大3社まで比較することができます。施工からアフターフォローまですべて同じ会社が行ってくれるので設置後も安心して運用することができます。業者の約65%が専属契約しているためここでしか見つからない業者がたくさんあります。太陽光発電の設置を検討しているなら必ず1度は利用しておきたいおすすめのサイトです。

タイナビ

登録業者数No.1!一度の見積もりで最大5社まで比較することができます。登録業者の情報はすべて開示されており透明性が確保されているだけでなく、ペナルティー制度によって苦情が一定数に達した業者は削除されるようになっています。つまり信頼できる業者だけから見積もりを取ることができるようになっているというわけです。顧客満足度は驚異の98%!太陽光発電を安く設置したい方はぜひ利用してみてください。

-売電に関する情報
-, ,

Copyright© 太陽光発電の設置価格が業者によって違う理由 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.