太陽光発電に蓄電池があると停電時にどのようなメリットが?

太陽光発電は停電した際に蓄電池があるとどのようなメリットがあるのかお伝えしていきたいと思います。

太陽光発電を設置するメリットの一つは停電時に電気が使えるということです。

最近では計画停電と雷が落ちた時ぐらいにしか停電になることはありませんが、それでも太陽光発電を設置しておくと安心できると思います。

停電時に太陽光発電の電力を利用する方法は下記のページに詳しく記載しているので参考にしてください。

→ 太陽光発電を停電時に利用する場合のパワーコンディショナーの設定方法

太陽光発電だけを設置している場合は天気が悪くなった時や夜に発電ができないため、停電が起こっても利用できないという問題点もあります。

そこで役に立つのが蓄電池となります。

蓄電池は昼間に発電しておいた電力をためておき夜に利用することができるため、たとえ夜に停電になったとしても電気が使えるようになります。

また蓄電池には電力を蓄えておくだけの物と、ガスを利用して独自に発電することができるエネファームのような燃料電池もあります。

燃料電池を利用している場合はたとえ天気が悪くてもガスで発電した電気を蓄えておくことができるため、天気が悪く雷などで停電になったとしても蓄えておいた電気を利用することができます。

太陽光発電と蓄電池を併用するメリットは他にもあるので興味のある方は下記のページをご覧ください。

→ 太陽光発電に蓄電池を加えるメリットとデメリット

停電時に確実に電気を使いたい場合は蓄電池を設置しておくのがベストだと思います。

設置にはそれなりの費用がかかってしまいますが、どうしても停電に備えたいという方は是非利用してみてください。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク