長州産業の太陽光発電システムの特徴を詳しく解説

長州産業の太陽光発電システムの特徴を詳しく解説していきたいと思います。

長州産業はパナソニックからOEM供給うけてHITを販売していましたが、2009年からは自社での製造・販売も行うようになりました。

Gシリーズモジュールと単結晶Bシリーズモジュールという名前で販売されていますが、それぞれ異なった特徴があります。

Gシリーズモジュールはリアエミッタヘテロ接合構造セルが採用されており、HITに近い構造になっていますが細かい違いは以下のようになっています。

長州産業はあまりなじみのない方も多いと思いますが、国内で初めて単結晶シリコン太陽光パネルの製造行程を自社で行ったメーカーであるためその技術力は本物であり、単結晶Bシリーズモジュールも非常に性能のいいパネルとなっています。

更に保証も非常に充実しており、モジュール保証25年と周辺機器保証15年が無償でつくだけでなく、他社にはない10年間の施工保証もあり工事が原因で発生した雨漏りなども保証の対象になっています。

このように長州産業は非常に優れた日本のメーカーであり、販売している太陽光発電システムも優れているのですが、あまり知名度ないことから悪徳業者がユーザーをだますことが多いと言われています。

長州産業の単純な性能ではHIT>Gシリーズ>Bシリーズの順番になっているのですが、中にはHITと偽ってBシリーズの単結晶シリコンパネルを販売する業者もいるようです。

きちんとした知識がありしっかりと判断できる場合は問題ありませんが、長州産業のパネルを選択する場合には注意が必要です。

長州産業の特徴をまとめると

  • 高性能のパネルを製造している
  • 保証が他社よりも充実している
  • 知名度があまり高くないためだます業者も

という感じになっています。

パネルの性能自体は他のメーカーと比較しても優秀な部類に入るので、条件が良い場合には長州産業を検討してみてもいいと思います。

ただその場合はきちんとした業者に施工を依頼しないと面倒なことになりかねないので厳選した優良企業に施工を依頼することができる一括見積もりサイトなどを利用すると手間が省けていいと思いますよ。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク