太陽光発電は10kw以上の設置でも補助金がでる?

太陽光発電は10kw以上の設置でも補助金がでるのか調べてみました。

結論から言うと住んでいる地域によっては10kW以上の規模でも補助金を受け取ることができるようになっています。

太陽光発電を設置するにあたって負担を少しでも減らせるように補助金の支給が始まり、国、都道府県、市町村から補助金が出るようになりました。

しかし2014年に太陽光発電に必要なシステムの価格が充分に下がってきたという理由で国からの補助金がなくなってしまいました。

そのため2017年時点で補助金を受け取ることができるのは都道府県と市町村だけなのですが、これは住んでいる地域によって差があり、両方からもらえることもあれば全くもらえない場合もあります。

10kW以上の規模でも補助金がでるのかどうかしらべてみたところ、補助金には上限が設けられているものの10kW以上でも補助金が出るところがほとんどでした。

例えば島根の松江市で受け取ることができう補助金は以下のようになっていました。

松江市では県からの補助金はなく松江市からの補助金だけで、住宅用と事業用では受け取れる金額が異なりました。

住宅用と事業用がどこで線引きされているかは不明なので、住宅に10kW以上の太陽光発電を設置した場合どちらが適用されるかはきいてみないとわかりませんが、おそらく住宅用が適用されることになると思います。

この場合は上限が13.6万円となっているので10kW以上のシステムを設置する場合はこの金額になります。

自分の住んでいる地域で補助金が受けられるかどうかは知りたい方は下記から調べてみてください。。

→ 最新の補助金に関する情報はこちらから

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク