石川で太陽光発電を設置する際の補助金について

石川で太陽光発電を設置する際に補助金が出るのかどうか解説していきたいと思います。

2017年9月時点で国からの補助金は一切ありませんが、県や自治体からはまだ一部補助金を支給しているところがあります。

太陽光発電の普及が進んでいないところほど補助金が残っている傾向にあり、石川県ではだいたい半分ぐらいの自治体で補助金を支給しています。

石川県の金沢市では以下のようになっています。

残念ながら県からの補助金はすでに打ち切られていますね。

金沢市では住宅用太陽光発電システム及びエネルギーマネジメントシステム(HEMS) 設置費補助金が設けられており、市内の戸建ての住宅に太陽光発電を設置する場合に支給されるようです。

地域によって金額が異なっており、伝統環境保存区域内の住宅に設置する場合は10万円、上記以外の市内全域の住宅に設置する場合は5万円となっています。

これらの地域がどこに該当するのか詳しく知りたい方は上記に記載されている金沢市のホームページをご覧になってください。

金沢市以外の地域の補助金が知りたい方は以下のページを参考にしてください。

→ 石川県の太陽光発電の補助金はこちら

補助金は住んでいる自治体によって申請条件が大きく異なるため、必ず内容をしっかり確認するようにしてください。

金額に関しては5万円程度のところもあれば条件次第で30万円も支給されるところがあるので、補助金が残っているかどうかは絶対確認しておきましょう。

補助金が残っていない地域に住んでいる方は運がなかったと割り切って施工を依頼する業者を探すことに力を注ぎましょう。

施工業者によって金額は大きく異なり、同じ容量でも20万円以上違ったということも珍しくないので、できるだけ多くの業者を比較するといいでしょう。

業者の比較には一括見積もりサイトを利用するのが最も効率が良いので、本サイトでも紹介しているタイナビやソーラーパートナーズなどを利用するといいでしょう。

最後に、補助金を申請する場合は期間が厳密に決められているので期間内に申請するようにしてくださいね。

今後打ち切られる可能性も充分にあるので、売電価格の兼ね合いもありますし、補助金が残っているなら少しでも早めに設置することをおすすめします。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク