島根で太陽光発電を設置する際の補助金について

島根で太陽光発電を設置する際に補助金が出るのかどうか解説していきたいと思います。

太陽光発電を設置する際に普及を促す目的で費用の一部を負担する補助金制度が作られましたが、2014年以降は太陽光発電の価格が充分に下がったとして国からの補助金は廃止されてしまいました。

しかし2017年現在でも県や自治体からの補助金は残っているところがあり、設置費用の1割から2割ぐらいは賄えるところが多いです。

調べてみたところ、島根県では県からの補助金は打ち切られていましたが多くの自治体で補助金が残っていました。

例えば島根県の松江市では以下のようになっています。

これを見ると松江市では太陽光発電の導入で1kW当たり3.4万円、上限が13.6万円となっていることがわかります。

上限から4kW以上設置すると満額受け取れるということになるので、ほとんどの方が13.6万円受け取れると思います。

島根県のほかの地域について調べてみると数万円しかもらえない地域が結構あったので、この金額がもらえる松江市はかなりラッキーだと言えると思います。

なので松江市で太陽光発電の設置を検討しているなら補助金がある今のうちに設置してしまった方がいいでしょう。

島根県のほかの地域の補助金については以下から確認することができます。

→ 島根県の太陽光発電の補助金はこちら

島根県では太陽光発電の設置件数が少ないようなので、それを促すという目的もあって補助金がまだ多くの地域で残っています。

しかしいつ廃止されてもおかしくなく、設置を先延ばしにしてしまうと売電価格も下落していってしまい後々の利益が少なくなるのは確実だといわれています。

ですので島根県で太陽光発電の設置を検討しているなら早めに設置してしまった方がいいでしょう。

しっかりと業者を吟味すれば7年から8年ぐらいで初期費用を回収することもできるようになっているので、一括見積もりサイトなどを利用して業者を利用して納得のいく数字を提示してくれた業者で施工をしてもらうようにしてください。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク