太陽光発電で国からの補助金が打ち切られた理由

太陽光発電で国からの補助金が打ち切られた理由について解説していきたいと思います。

1993年に初めて太陽光発電が住宅に導入されて以降、システムを普及させる目的で1994年から太陽光発電を導入するのに国からの補助金がこうされることになりました。

もちろんその理由は高すぎる太陽光発電システムを少しでも安くするためなのですが、1993年当時は1kW当たり370万円の費用がかかっていたのです。

補助金が導入され太陽光発電自体の単価も安くなったこともあり導入数は順調に増えていきましたが、技術革新が進み太陽光パネルの価格が下がってきた2006年に補助金は一度廃止されてしまいました。

これによって太陽光発電の導入件数は伸び悩んでしまうのですが、2009年から売電制度が施行され、更にそれに合わせて国からの補助金も復活したため導入数が一気に右肩上がりになりました。

しかし2011年の補助金制度に「上限キャップ価格」という仕組みが組み込まれることになり、より確実に補助金を受けられるように太陽光パネルの値段もそれに合わせて下げられていきます。

2014年になると1kW40万円をきるようになり、導入費用が充分に下がってきたという理由で再び国からの補助金が廃止されました。

2017年現在でも国からの補助金制度は復活していません。

ただしネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)に関する補助金はあるようなので、興味のある方は太陽光発電ではなくZEHで調べてみるといいでしょう。

また国からの補助金がなくても県や自治体から補助金が出る地域もあります。

金額はそれほど高くはありませんが、出ない地域もあるのでそう考えるとでるだけありがたいと思います。

最新の補助金に関する情報は下記から調べることができるため、興味のある方は自分の住んでいる地域に補助金があるかどうか調べてみてください。

→ 最新の補助金に関する情報はこちらから

今後国からの補助金が復活するかどうかは不明ですが、太陽光発電単独での補助金は復活しないでしょう。

県や自治体の補助金もいつなくなるかはわからないので、設置を検討しているならできるだけ早く設置することをおすすめします。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク