太陽光発電で電気代をいくら節約できるのかシュミレーションしてみよう

太陽光発電で電気代がどれくらい節約できるのかシュミレーションして行きたいと思います。

太陽光発電を導入すると自宅で消費する電力と売電により光熱費を節約できるようになりますが、導入して実際どれくらい得をするのかはわかりづらいと思います。

そこで太陽光発電を販売しているほとんどの会社はネットで簡単に光熱費のシミュレーションを行えるようにしています。

特にパナソニックが提供するシミュレーションは非常に簡単にどれくらい節約できるのかが分かるため気になる方は使用してみてください。

→ 電気代節約シミュレーションはこちらから

入力項目は非常に少なく、「住んでいる地域」「システムの容量」「取りつけ方向」「月々の光熱費」を入力すれば試算することができます。

試しに自分も行ってみたところ下記のような結果になりました。

条件はできるだけ一般家庭の平均値に近づけたため下記のようになっています。

  • 住んでいる地域・・・広島
  • システムの容量・・・5kW
  • 取りつけ方向・・・南
  • 月々の光熱費・・・電気代12000円、ガス代8000円

すると年間発電量は6287kWhとなり、1年間で189340円節約できるという結果になりました。

この数字は自家消費分だけでなく売電収入も含めた金額になっています。

自家消費分だけで考えるとおそらく電気代は8000円から10000円ぐらいの間になっていると思います。

もちろんこれは理想的な数字であるため実際にはもう少し下がるのですが、大きくても1割ぐらいの下げ幅だと思います。

この数値はあくまで平均値で行っているため、自宅の詳細なデータがあればより正確なシミュレーションを行うことができると思います。

太陽光発電を設置する上でどれくらい経済効果があるのかというのは非常に重要なことなので、だいたいの数値がわかっている場合は先に行っておきましょう。

なおこのシミュレーション結果はパナソニックの製品を使ったものになっているため、すでに購入するメーカーが決まっている方はそちらのシミュレーションを利用すればより正確な節約金額を知ることができますよ。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク