太陽光発電の発電量をシミュレーションする方法

太陽光発電の発電量をシミュレーションする方法を紹介していきたいと思います。

太陽光発電の設置を検討しているならまずシミュレーションを行いどれくらいの発電量があるのかを調べておくのは大事なことです。

太陽光パネルを販売している各メーカーは公式サイトで発電量や経済効果がシミュレーションできるシミュレーターを用意しているため、すでにメーカーが決まっている方はそこでシミュレーションしてみるといいでしょう。

ここでは参考までにカナディアンソーラーのシミュレーション結果を掲載しておきたいと思います。

カナディアンソーラーのシミュレーターでは非常に簡単な作業でだいたいの発電量を知ることができ、年間でどれくらいの経済効果があるのかまで教えてくれます。

ここでは各メーカーのシミュレーターを紹介しておくので興味があるメーカーを利用してみてください。

→ シャープの発電量シミュレーター

→ パナソニックの発電量シミュレーター

→ 京セラの発電量シミュレーター

→ カナディアンソーラーの発電量シミュレーター

→ ソーラーフロンティアの発電量シミュレーター

→ リクシルの発電量シミュレーター

→ サンテックの発電量シミュレーター

→ 三菱電機の発電量シミュレーター

→ 東芝の発電量シミュレーター

→ NEDOの発電量シミュレーター

使用しているブラウザによってはきちんと表示されないこともあるので、その場合は別のブラウザで試してみてください。

NEDOは国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構と呼ばれる機関で、大規模太陽光発電システムの研究に関する一環で、産業用太陽光発電のシミュレーターを公開しています。

ただしブラウザで実行するものではなくエクセルに必要項目を入力していくものなので少し使いにくいかもしれません。

太陽光発電を導入する前に正しい発電量を把握しておくことは非常に大切なことなので、いずれかのシミュレーターをつかってどれくらいの効果があるのか調べてみてください。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク