基礎情報

太陽光発電におけるEPCとは?

更新日:

太陽光発電におけるEPCとは何なのかわかりやすく解説していきたいと思います。

EPCとは「Engineering, Procurement and Construction」の略で、日本語に訳すと「設計・調達・建設」という意味になります。

つまり簡単にいうと太陽光発電の施行を請け負った業者が設置するまでに行う工程ということになりますね。

一つ一つ産業用太陽光発電システムを導入する場合の簡単な例を交えて解説していきますね。

Engineering・・・太陽光発電設備完成までの事業スケジュールを立案・企画、基本設計、実施設計、 施工のステージに分けて段階的に検討していくと同時に設置環境の事前調査や、実地での発電量・収支予測、関係機関との協議していきます。

Procurement・・・設計したシステムを構築するための資材を調達することになりますが、大規模なシステムになればなるほど、システム構成機器の多くは特注品となるため品質や納期を充分に考慮したうえでメーカーなどを選定する必要があります。

Construction・・・調達した資材と設計を元に太陽光発電の施設を建設していきます。

EPCは太陽光発電を導入するためのノウハウとも言えるため、より大きなシステムを導入する際はきちんとしたノウハウを持つEPC事業者に施行を依頼するのが必要不可欠となります。

基本的には太陽光発電の施工を依頼する場合は一括見積もりなどに登録している業者に依頼すれば間違いがないため、自分でEPC事業者の選定を行う必要はないでしょう。

まあEPCについて気になった方はこの程度の知識として覚えておけばいいと思いますよ。







おすすめの太陽光発電業者比較サイト

ソーラーパートナーズ

太陽光発電の見積もり件数4年連続No.1!審査通過率9.8%の厳しい審査を通過した優良業者を最大3社まで比較することができます。施工からアフターフォローまですべて同じ会社が行ってくれるので設置後も安心して運用することができます。業者の約65%が専属契約しているためここでしか見つからない業者がたくさんあります。太陽光発電の設置を検討しているなら必ず1度は利用しておきたいおすすめのサイトです。

タイナビ

登録業者数No.1!一度の見積もりで最大5社まで比較することができます。登録業者の情報はすべて開示されており透明性が確保されているだけでなく、ペナルティー制度によって苦情が一定数に達した業者は削除されるようになっています。つまり信頼できる業者だけから見積もりを取ることができるようになっているというわけです。顧客満足度は驚異の98%!太陽光発電を安く設置したい方はぜひ利用してみてください。

-基礎情報
-,

Copyright© 太陽光発電の設置価格が業者によって違う理由 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.