太陽光発電におけるEPCとは?

太陽光発電におけるEPCとは何なのかわかりやすく解説していきたいと思います。

EPCとは「Engineering, Procurement and Construction」の略で、日本語に訳すと「設計・調達・建設」という意味になります。

つまり簡単にいうと太陽光発電の施行を請け負った業者が設置するまでに行う工程ということになりますね。

一つ一つ産業用太陽光発電システムを導入する場合の簡単な例を交えて解説していきますね。

Engineering・・・太陽光発電設備完成までの事業スケジュールを立案・企画、基本設計、実施設計、 施工のステージに分けて段階的に検討していくと同時に設置環境の事前調査や、実地での発電量・収支予測、関係機関との協議していきます。

Procurement・・・設計したシステムを構築するための資材を調達することになりますが、大規模なシステムになればなるほど、システム構成機器の多くは特注品となるため品質や納期を充分に考慮したうえでメーカーなどを選定する必要があります。

Construction・・・調達した資材と設計を元に太陽光発電の施設を建設していきます。

EPCは太陽光発電を導入するためのノウハウとも言えるため、より大きなシステムを導入する際はきちんとしたノウハウを持つEPC事業者に施行を依頼するのが必要不可欠となります。

基本的には太陽光発電の施工を依頼する場合は一括見積もりなどに登録している業者に依頼すれば間違いがないため、自分でEPC事業者の選定を行う必要はないでしょう。

まあEPCについて気になった方はこの程度の知識として覚えておけばいいと思いますよ。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク