太陽光発電の失敗事例とポイントを解説

太陽光発電で失敗しないために実際の事例を交えてポイントを解説していきたいと思います。

太陽光発電で失敗する事例には以下のようなものがあります。

  • 安さだけに目がいって失敗した
  • 施行を依頼した業者が倒産した
  • 訪問販売で騙された
  • 太陽光発電を設置したら雨漏りするようになった

細かく一つずつ見ていきたいと思います。

安さだけに目がいって失敗した

太陽光発電を設置する際に最も重要視するのが価格だという人は多いと思います。

もちろん安ければ経済的にも助かりますし売電収入による収益も上がるのでうれしいことですが、あまりに安すぎる物にはそれなりの理由があります。

例えばパネルやパワコン、ケーブルや架台に安い粗悪品を使っておりシミュレーションよりも発電実績がかなり悪かったり、施行部分が劣化して本来なら必要のないメンテナンスが必要になっという事例です。

容量によっても異なりますが、現時点での太陽光発電の相場は1kw当たり30万円から35万円ぐらいになっています。

大きな容量を設置すると25万円ぐらいになることもありますが家庭用の太陽光発電でこれ以下になることはほとんどありません。

もしこれ以下の価格になっていたらどこかしらにおかしなものを利用しているということになるのでその業者には依頼しない方がいいでしょう。

また安さを重視したために検索しても出てこないようなメーカーの商品を利用しているような業者も要注意なので、きちんとしたものをきちんとしたか価格で提供している業者に施工を依頼するようにしてください。

施行を依頼した業者が倒産した

太陽光発電は設置したら終わりではなく、定期的なメンテナンスを必要とする家電になります。

そのため業者のアフターフォローは必要不可欠なのですが、中には施工を依頼した後に倒産したという話も少なくありません。

施工を依頼した業者がなくなるのは非常に不便を強いられるので、できればこの先も安泰な業者を利用するようにしてください。

もちろん個人でそのことを判断するのは難しいと思うので、実績のある一括見積もりサイトに登録してある業者ならまず間違いはないと思いますよ。

本サイトでも紹介しているソーラーパートナーズやタイナビなどは実績も豊富で信頼できるサイトなので業者探しに是非利用してみてください。

訪問販売で騙された

最近ではあまり耳にしなくなりましたが、現在でも少なからず太陽光発電の訪問販売というものはあるようです。

もちろんきちんとしたものを販売している業者もあるのですが中にはシミュレーションとは全く異なる商品を売りつけたりするたちの悪い業者もあるようです。

基本的に訪問販売には良い商品がほとんどないため、太陽光発電を設置するなら一括見積もりサイトを利用してきちんとした業者に依頼するようにしましょう。

太陽光発電を設置したら雨漏りするようになった

太陽光発電の設置で雨漏りするようになったという相談は非常に多いそうです。

これは設置を担当した業者の腕が悪いことで発生します。

そのため施工を依頼する際はアフターフォローとして雨漏りなどのトラブルに対して保証を設けている業者を利用するのが良いでしょう。

メーカーによってはどの業者を利用してもパネルのメーカーが保証してくれることもあるので、公式サイトを見て雨漏りなどに対応しているかどうか調べてみるといいでしょう。

以上が太陽光発電の失敗事例とその対応策になります。

基本的には一括見積もりを利用して業者を決めてパネルの設置という流れになるので、あまりイレギュラーなことはせずに普通のことを普通にやって導入するようにしてください。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク