京セラの積雪地域専用太陽光パネルの価格と性能

京セラの積雪地域専用太陽光パネルの価格と性能を調べていきたいと思います。

京セラにはいろいろな種類の太陽光パネルが用意されていますが、積雪地域専用はその名の通り雪がよくつもり地域に対応したパネルとなっています。

傾斜屋根・陸屋根・地上設置用とハゼ式折板屋根用のパネルに分けられており、それぞれのタイプで適切な工法が用意されています。

傾斜屋根の場合

積雪専用「SI横ラック」「SI縦ラック」の組み合わせと、「SI補強バー」で対応

陸屋根・地上設置の場合

積雪専用「SG横ラック」「SG縦ラック」の組み合わせと、「SG端部補強金具」で対応

ハゼ式折板屋根の場合

積雪専用「折板用横ラック」と、「端部補強バー」で対応

積雪地域専用太陽光パネルの価格と性能は以下のようになっています。

型式 KJ210P-3CW6CG
(傾斜屋根・陸屋根・地上設置用)
KJ220P-3CG3CG受注生産
(ハゼ式折板屋根用)
公称最大出力 210W 220W
公称最大出力動作電圧 24.6V 25.4V
公称最大出力動作電流 8.54A 8.67A
公称開放電圧 30.4V 31.5V
公称短絡電流 9.29A 9.10A
セル実効変換効率 17.90% 18.80%
モジュール変換効率 15.60% 16.60%
外形寸法(mm) W1338×L1006×H46 W1338×L990×H46
質量 16.5kg 18.0kg
低反射ガラス仕様
JET認証書番号 PV03-53202-1074 PV03-53202-1084
希望小売価格
(税抜価格)
113,400円
(105,000円)
123,552円
(114,400円)

太陽電池モジュールの表面は通常滑らかなガラスで覆われており雪が滑り落ちやすくなっているため、雪が降る地域でもパネルの上に雪が積もりにくくなっています。

ただし垂直積雪量2.0mを超える地域への設置はできないので注意が必要です。

北海道などのように何mも雪が積もる地域での設置は難しいかもしれませんが、そこまで大雪にならない地域で定期的に雪が積もるという地域住んでいるという方には良いかもしれませんね。

この太陽光パネルが使用できるかどうかは地元の設置業者の方にきいてみればわかると思いますので、興味のある方は見積もりの際に相談してみるといいでしょう。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク