神奈川の太陽光発電の価格は見積もりで調べよう

神奈川の太陽光発電の価格は見積もりで簡単に調べることができます。

2017年現在ではだいたい1kW当たり25万円から30万円ぐらいで設置できれば費用が抑えられている方だと思います。

神奈川県では県からの補助金があるのですが、太陽光発電を設置しただけでは対象にならないので受け取れる人は少ないでしょう。

この2年の間に神奈川県で実際に太陽光発電を設置した方はどのような感じになっているのか調べてみると以下のようになっていました。

メーカー容量設置費用単価売電実績設置場所
パナソニック5.38kW1,443,000円268,216円/kW15,169円/月川崎市
パナソニック6.12kW1,660,000円271,242円/kW9,067円/月横須賀市
パナソニック5.38kW1,520,000円282,528円/kW18,888円/月藤沢市
ソーラーフロンティア6.40kW2,110,000円329,688円/kW17,688円/月横浜市
パナソニック5.50kW1,630,000円296,364円/kW14,465円/月川崎市
パナソニック5.49kW2,170,000円395,264円/kW16,853円/月藤沢市
ソーラーフロンティア6.50kW1,880,000円289,231円/kW17,919円/月秦野市
シャープ4.90kW1,980,000円404,082円/kW14,520円/月横浜市
長州産業5.90kW1,825,800円309,458円/kW9,999円/月海老名市

神奈川県では大きな容量を設置している傾向になるので単価が他県よりも安くなっているような印象です。

設置しているメーカーはパナソニックが多いので、パナソニックに対して強いルートを持つ業者が多いのかもしれません。

パナソニックを設置して一人だけ単価が高くなっていますが、どうやらこの方は同時にオール電化を導入したようです。

太陽光発電だけなら50万円から100万円ぐらいは安くなったでしょう。

ソーラーフロンティアは純国産で単価が安いメーカーなのですが、2人の内一人は単価が高くなっていますね。

詳しく調べてみたところ先ほどの方と同じようにオール電化を導入したようです。

太陽光発電だけならもう一人の方と同じぐらいの単価だったでしょう。

最も単価が高くなっているのはシャープを選択した方ですが、この方はどうやら屋根の形からシャープのパネルしか選べなかったようです。

シャープのパネルはもともと単価が高く、事情から競合もできなかったようなのでこのように割高になってしまったようですね。

神奈川のように広いスペースがあるのなら単価を安くできるソーラーフロンティアやパナソニックがおすすめですね。

国産のメーカーで保証も充実しているため安心感もありますしね。

ただし先にメーカーを決めてしまうと選択肢の幅が狭くなってしまうので、先に業者を決めてからその業者が得意なメーカーを設置するようにすれば費用を節約することができると思います。

業者選びにはあらかじめ厳選された業者からの見積もりを取ることができる一括見積もりサイトを利用するのがおすすめです。

どのサイトを利用するのが良いのかわからないという方は本サイトでも紹介しているタイナビやソーラーパートナーズなどを利用してみて下さい。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク