長野の太陽光発電の価格は見積もりで調べよう

長野の太陽光発電の価格は見積もりで簡単に調べることができます。

2017年現在ではだいたい1kW当たり25万円から30万円ぐらいで設置できれば費用が抑えられている方だと思います。

長野県では比較的多くの地域で補助金が残っているのでそれを活用すれば安く導入できる方もいると思います。

中でも南佐久郡北相木村では1kW当たり275,000円で上限が110万円の補助金が支給されるため、格安どころかただ同然で太陽光発電を設置できることになるので補助金が残っているうちに設置をした方が得なのは間違いありません。

長野県で実際に太陽光発電を設置した方はどのような感じになっているのか調べてみると以下のようになっていました。

メーカー容量設置費用単価売電実績設置場所
長州産業5.46kW1,570,000円287,546円/kW17,536円/月上伊那郡南箕輪村
パナソニック3.90kW1,290,000円330,769円/kW7,136円/月駒ヶ根市
パナソニック2.92kW1,331,000円455,822円/kW9,423円/月松本市
パナソニック11.71kW3,700,000円315,969円/kW57,093円/月松本市
パナソニック5.80kW2,650,000円456,897円/kW23,333円/月飯田市

上記のデータは数は少ないですが2015年から2016年の間に設置した方となっています。

これを見ると5kWのシステムを設置している方が2組いますが、一方は長州産業で単価が約28万円となっているのに対してもう一方はパナソニックで45万円となっているのが分かると思います。

両社のパネルには大きな違いはないため別の要因があると考え、詳しく調べてみたところパナソニックを導入した方は同時にオール電化を導入していることがわかりました。

IHクッキングヒーター・エコキュートを同時に設置しているためこれがなければ100万円ぐらいは安くできたでしょう。

よって単価としてはそこまで大きな違いはないということになります。

その一方でパナソニックで2.92kWのシステムを設置した方もかなり単価が高くなっていますが、この方は太陽光発電の設置のみでこの価格となっています。

つまりこれらからわかることは設置する容量が大きいほど単価が安くなるということです。

だいたい5kW以上の容量を設置するとメーカーにもよりますが1kW当たり30万円以下で設置できることが多く、この金額なら元を取ることが可能なことが多いです。

逆にいうと小さな容量を設置すると元を取るのが難しくなるので、できれば4kW以上の規模で設置しておきたいところです。

また規模が同じでも設置する業者が異なれば当然価格設定も異なります。

業者によっては20万円以上差がつくこともあるので、太陽光発電の設置を検討している方は業者選びに力を入れるようにしてください。

最も効率が良いのは一括見積もりを利用することなので利用実績も豊富なタイナビやソーラーパートナーズなどを利用して優秀な業者を見つけてください。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク