ソーラーフロンティアで太陽光発電を設置する場合の価格

ソーラーフロンティアで太陽光発電を設置する場合の価格がどれくらいになるのか調べてみました。

ソーラーフロンティアでは主成分に銅(Copper)、インジウム(Indium)、セレン(Selenium)を使用したCIS太陽電池を採用しているのが特徴です。

CIS太陽電池はシリコンを使った太陽光パネルと比べて高温に強く、影ができた環境でも効率よく発電することができるようになっています。

そのため変換効率では他社に劣っているものの、屋根に設置された太陽光発電システムが実際に発電する実発電量ではトップクラスを誇っています。

実際にソーラーフロンティアで太陽光発電を導入した方の設置価格は以下のようになっていました。

これを見るとソーラーフロンティアでは1kW当たり25万円から30万円ぐらいで設置できているのが分かると思います。

この価格は他社と比較してもかなり安い方だと思います。

例えばシャープの単価を見てみると1kW当たり30万円から40万円ぐらいになっていたので、それと比べるとかなり安いと思います。

上記の内、上から2番目の方の売電実績は以下のようになっていました。

比較している時期が違い寒くなってエアコンをつけるようになったため電気代は上がっていますが、売電収入により全体の収支としてはプラスになっています。

月全体を平均するともう少し売電収入も高くなると思います。

この方は7.2年で初期費用を回収できる計算になっているようです。

このようにソーラーフロンティアの太陽光パネルは非常にコストパフォーマンスに優れているため、まだメーカーを検討している段階の方はソーラーフロンティアを候補に入れてみてもいいと思いますよ。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク