京セラの太陽光パネルエコノルーツタイプGの価格と性能

京セラの太陽光パネルエコノルーツタイプGについて詳しく解説していきたいと思います。

京セラではたくさんの種類の太陽光パネルが用意されていますが、その中でもエコノルーツタイプGは陸屋根に設置することができるパネルとなっています。

陸屋根というのは平らな屋根のことをさしており、例えば実際に設置すると以下のようになります。

独自のアルミフレームや水切り加工など、陸屋根に適した仕様となっているため長期間メンテナンスを必要とせず使用することができます。

また高強度にこだわった架台で長期寿命を実現しているため、安心して利用し続けることができます。

エコノルーツタイプGの価格と性能は以下のようになっています。

型式 KJ210P-3DD4CG
(陸屋根用)
KJ220P-3MD4CG
(陸屋根用)
公称最大出力 210W 220W
公称最大出力動作電圧 24.2V 25.4V
公称最大出力動作電流 8.68A 8.67A
公称開放電圧 30.2V 31.5V
公称短絡電流 9.20A 9.10A
セル実効変換効率 17.90% 18.80%
モジュール変換効率 15.80% 16.60%
寸法図(単位:mm) W1338×L990×H46 W1338×L990×H46
質量 16.0kg 16.0kg
低反射ガラス仕様
JET認証書番号 PV03-53202-1076 PV03-53201-1004
希望小売価格
(税抜価格)
104,328円
(税抜96,600円)
114,048円
(税抜105,600円)

大きさの同じパネルが2種類用されていますが、KJ210P-3DD4CGは多結晶シリコンが用いられているためモジュール変換効率が低い代わりに価格が安くなっています。

一方、KJ220P-3MD4CGは単結晶シリコンを利用しているためモジュール変換効率が高くなっていますが、その分価格が若干高くなっています。

出力は10Wしか違わないため、基本的には価格の安いKJ210P-3DD4CGを設置していくことになると思いますが、気になる方は見積もりの際に相談してみるといいと思います。

京セラの太陽光パネルで陸屋根に設置できるのはエコノルーツタイプGだけなのでこのパネルが気に入らないという方は他社の製品も検討してみてください。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク