京セラの太陽光パネルエコノルーツタイプRの価格と性能

京セラの太陽光パネルエコノルーツタイプRについて詳しく解説していきたいと思います。

京セラではたくさんの種類の太陽光パネルが用意されていますが、その中でもエコノルーツタイプRは切妻屋根に無駄なく設置することができるパネルとなっています。

正方形に近い横長のパネルと、長方形のパネルを組み合わせることによって積載量を増やすことができます。

エコノルーツタイプRの価格と性能は以下のようになっています。

型式 KJ210P-3CRCG
(傾斜屋根用)
KJ220P-3MRCG
(傾斜屋根用)
KJ145P-3MRCG
(傾斜屋根用)
公称最大出力 210W 220W 145W
公称最大出力動作電圧 24.6V 25.4V 16.8V
公称最大出力動作電流 8.54A 8.67A 8.67A
公称開放電圧 30.4V 31.5V 20.3V
公称短絡電流 9.29A 9.10A 9.31A
セル実効変換効率 17.90% 18.80% 18.60%
モジュール変換効率 15.50% 16.20% 15.70%
寸法図(単位:mm) W1338×L1012×H36 W1338×L1012×H36 W1338×L690×H36
質量 16.5kg 16.5kg 11.0kg
低反射ガラス仕様
JET認証書番号 PV03-53202-1076 PV03-53201-1001 PV03-53201-1011
希望小売価格
(税抜価格)
104,328円
(税抜96,600円)
114,048円
(税抜105,600円)
75,168円
(税抜69,600円)

モジュール変換効率は単結晶シリコンンのそれに比べると低くなっていますが、その分価格が安くなっているのがわかります。

従来の太陽光パネルでは埋めることができなかったスペースを長方形のパネルを利用することによって無駄なく設置することができます。

屋根の形状によってはエコノルーツタイプRを利用した方が積載量を増やすことができる可能性がるので、京セラの太陽光パネルを検討している方は業者さんに相談してみてください。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク