経済効果に関する情報

太陽光発電で得た電力の自家消費の割合を計算してみよう

更新日:

太陽光発電で得た電力の自家消費の割合はどれくらいになるのか調べて行きたいと思います。

一般的には太陽光発電で得た電力の3割ぐらいは自家消費して残りの7割は売電されると言われていますが、実際には家庭の環境や設置している太陽光発電の規模によって大きく変化します。

太陽光発電は太陽が出ている日中の発電が最も多くなり、それ以外の時間帯は普通に電力会社から電気を購入することになります。

一般的な家庭の時間帯による電力使用量の違いは以下のようになっています。

上記のグラフにはありませんが、4人家庭の一日当たりの電気使用量平均は18.5kWhであると言われています。

このうち3分の1を太陽光発電が稼働できる日中に使用したとすると6kWhぐらいになりますね。

4kWhの規模の太陽光発電システムだと1年でだいたい4500kWhの発電を行うため1日に換算するとだいたい30kWhぐらいになると思います。

つまり上記の例で言うと発電した30kWhの電力の内6kWhは自家消費として利用されるということになるので割合としては2割ということになりますね。

太陽光発電の規模が大きいと1日の発電量も大きくなるので自家消費される割合は少なくなりますし、日中家にいる時間が長い家庭の方は電気使用量が多くなるので自家消費される割合は多くなると思います。

晴れた日なら日中の電気使用量が発電量を上回ることはあまりないと思いますが、電気を使いすぎると売電量が少なくなってしまうので注意が必要です。

ですが最近では売電価格よりも買電価格の方が高くなってきているので、自家消費した方が得をする場合もあります。

以下のページに自家消費するメリットについてまとめているので興味のある方は参考にしてください。

→ 太陽光発電で得た電力を自家消費するメリット







おすすめの太陽光発電業者比較サイト

ソーラーパートナーズ

太陽光発電の見積もり件数4年連続No.1!審査通過率9.8%の厳しい審査を通過した優良業者を最大3社まで比較することができます。施工からアフターフォローまですべて同じ会社が行ってくれるので設置後も安心して運用することができます。業者の約65%が専属契約しているためここでしか見つからない業者がたくさんあります。太陽光発電の設置を検討しているなら必ず1度は利用しておきたいおすすめのサイトです。

タイナビ

登録業者数No.1!一度の見積もりで最大5社まで比較することができます。登録業者の情報はすべて開示されており透明性が確保されているだけでなく、ペナルティー制度によって苦情が一定数に達した業者は削除されるようになっています。つまり信頼できる業者だけから見積もりを取ることができるようになっているというわけです。顧客満足度は驚異の98%!太陽光発電を安く設置したい方はぜひ利用してみてください。

-経済効果に関する情報
-, ,

Copyright© 太陽光発電の設置価格が業者によって違う理由 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.