太陽光発電を停電時に利用する場合のパワーコンディショナーの設定方法

太陽光発電を停電時に利用する場合のパワーコンディショナーの設定方法についてお伝えしていきたいと思います。

太陽光発電を設置するメリットの一つは停電時でも電気が使えるようになるということです。

ただし停電すると自動で電気が使えるようになるわけではありません。

発電している電気を停電中に使うには、パワーコンディショナーを「自立運転モード」に切り替えて、「自立運転用コンセント」に使いたい機器を接続しなければいけません。

屋内用のパワーコンディショナーを利用している場合はコンディショナー自体に自立運転用コンセントがついているのが一般的で、屋外用の場合はどこかわかりやすい場所に専用のコンセントが設置されることになっています。

屋外用のパワーコンディショナーを利用している場合はあらかじめ非常用コンセントの場所を把握しておくようにしましょう。

自立運転用コンセントで利用できるのは1500Wまでとなっているため、使おうとしている電化製品の使用電力を事前に調べておくことが必要になります。

各電化製品の主な使用電力は以下のようになっていますが、あくまで目安なので使用する場合は使っている機種の使用電力を確認してからにしてください。

最も重要なのはおそらく冷蔵庫になると思いますが、普通の家庭用の冷蔵庫なら問題なく利用することができるでしょう。

ただし太陽光発電のみの設置で蓄電池を利用していない場合は天気が悪い時や夜には発電できなくなるので注意が必要です。

停電した時に太陽光発電を利用する手順は以下のようになります。

  1. 自立運転用コンセントの位置を確認する
  2. 主電源ブレーカーをオフにする
  3. 太陽光発電ブレーカーをオフにする
  4. 自立運転モードへの切り替える
  5. 使用したい機器を接続する

主電源ブレーカーをオフにするのは停電が解かれた際に電流が流れて思わぬ事故が発生するのを防ぐためです。

太陽光発電ブレーカーをオフにするのはパワーコンディショナーを自立雨天モードにするために必須の作業となります。

自立運転モードにするのがよくわからない場合は説明書を読みながら作業を行うようにしてください。

停電が解かれたら忘れずに自立運転モードを解除するようにしてくださいね。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク