京セラの太陽光発電システムの特徴を詳しく解説

京セラの太陽光発電システムの特徴を詳しく解説していきたいと思います。

京セラは1984年に「佐倉ソーラーエネルギーセンター」(千葉県・佐倉市)を設立し、そこに多結晶シリコン型のソーラー発電システムを設置しました。

1993年には国内初の住宅用ソーラー発電システムを販売し、これらのシステムは現在でも問題なく稼働しています。

このように長期的に稼働できるのも日本でいち早く研究開発を行ってきたパイオニアであるからこそです。

京セラの太陽光パネルは全メーカーの中で最も種類が多く、あらゆる形の屋根に無駄なく設置することができるようになっているのも特徴の一つです。

太陽光パネル1つ1つの性能では他社に劣ってしまうこともありますが、この多様な形によりカバーできるようになっています。

京セラは保証制度も優れており、太陽光モジュールとその他のシステム機器の補償はもちろんのこと、自然災害に対しても保証を取り入れています。

この保証はその他のメーカーにはほとんどないので利用者にとっては非常にありがたいですね。

更に京セラは施行でも他社と違う特徴があり、架台と呼ばれる太陽光パネルを固定する金属フレームを屋根に設置する際に野地板固定に加えて垂木固定を採用しています。

垂木固定は野地板固定に比べて頑丈であるため、これが長く利用できる理由にもなっています。

ちなみに京セラの太陽光パネルのモジュール変換効率は最大で17.8%となっており、他社に比べるとお世辞にも高いとは言えないでしょう。

以上から京セラの太陽光発電の特徴は以下のことがあげられます。

  • 太陽光パネルの質より数で勝負
  • 自然災害にも対応した安心の保証制度
  • 長期稼働実績による優れた実績

屋根の形によっては京セラの太陽光パネルが最も出力が大きくなることも珍しくないので、太陽光発電の設置を検討している方は京セラも候補に入れてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク