広島で太陽光発電を設置する際の補助金について

広島で太陽光発電を設置する際に補助金が出るのかどうか解説していきたいと思います。

太陽光発電を設置する際に普及を促す目的で費用の一部を負担する補助金制度が作られましたが、2014年以降は太陽光発電の価格が充分に下がったとして国からの補助金は廃止されてしまいました。

国からの補助金は今後も復活する予定はありませんが、2017年現在でも一部の県や市区町村の自治体で補助金が残っているところがあります。

調べてみたところ、広島県ではごくごく一部の地域で補助金が残っていましたが金額は安いところばかりでした。

例えば広島県の三次市では以下のようになっています。

上記では7万円となっていますが、詳しく調べてみたところ1kW当たり2万円で上限が8万円となっていました。

つまり4kW以上設置すると満額もらえるということなのでほとんどの方は満額支給になると思います。

上記の例で三次市を使ったのは県庁所在地である広島市や他の大きな市区町村で補助金がすでに打ち切られていたためです。

印象としては広島の主要都市では補助金はなく地方に行くと補助金が残っているところがあると言った感じです。

かくいう私も広島に住んでいるのですが、自分の住んでいる地域には補助金は残っていませんでした。

他の地域の補助金に関して詳しく知りたい方は以下のページから確認することができます。

→ 広島県の太陽光発電の補助金はこちらから

補助金が残っているのは本当にごくわずかの地域で、残っていても金額はかなり少ないのであまり期待しない方がいいでしょう。

補助金を受け取ることができなくても施工を依頼する業者さえきちんとしていれば充分初期費用を回収することはできます。

広島には300社以上の施工業者があるため、その中から自分で判断していくのは非常に骨が折れる作業になります。

そこで便利なのがタイナビやソーラーパートナーズなどの一括見積もりサイトで、あらかじめ厳選された優良業者からのみ見積もりとをる事ができるようになっています。

厳選された業者の中から更に条件に合った業者を提示してくれるので業者で失敗するという可能性が限りなく少なくなります。

業者が違えば20万円以上価格が異なることもあり、更に交渉次第では割引してもらうこともできるので自分に最適な業者を時間をかけて探してみてください。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク