三菱電機

三菱電機が太陽光パネルから撤退した影響は?

更新日:

三菱電機が太陽光パネルから撤退した影響はあるのか詳しく調べていきたいと思います。

知っている人は少ないかもしれませんが、太陽光発電の国内市場は縮小の一途をたどっています。

これはQセルズやカナディアンソーラー、トリナソーラーなど海外メーカーとの価格競争に負けてしまったためです。

国内メーカーは価格で競争することをあきらめてAIを使ったホームシステムなどを提供することにシフトチェンジしています。

そのため今後は海外メーカーのシェアが国内でも伸びていくと思われます。

それに伴って国内メーカーは事業の見直しを求められることになりました。

その中で三菱電機は太陽光パネルのセルを生産することを中止したと2018年の7月ごろに発表しています。

セルというのはパネルを構成する最小単位であり、セルが集まってパネルになります。

つまりセルがないとパネルが作れないのですが、三菱電機はセルを外部から調達してパネルを組み立てると発表しています。

なので今後もパネルの販売は変わりなく続いていくと予想されます。

当時の日経経済新聞には以下のように書いてあったようです。

太陽光パネルの国内メーカーが苦戦している。国内市場が縮小に転じる中、海外勢が低価格で攻勢をかける。三菱電機は中核部材の生産から今春、撤退した。京セラは2017年に国内シェア首位から転落し、工場の生産集約を急ぐ。国内勢は付加価値の高い省エネシステムに活路を見いだすなど、事業の見直しが急務になっている。

抜粋: 三菱電機は中津川製作所の飯田工場(長野県飯田市)で手がけていたパネルの中核部材であるセルの生産を18年3月で終了した。今後、セルは外部調達に切り替える。同製作所の京都工場(京都府長岡京市)でセルを使ってパネルを組み立てる工程は続ける。

 今後は自社の空調や照明と組み合わせた省エネシステムなどとしての受注に力を入れる。パネルの組み立てや屋根への据え付けには「引き続き自社のノウハウを生かしていく」(三菱電機リビング・デジタルメディア事業本部長の松本匡常務執行役)考えだ。

出典:https://www.nikkei.com/article/DGKKZO32769600Z00C18A7TJ2000/

三菱電機だけではなくほかの国内のメーカーも生産工場をたたんで事業を縮小するなどの対応に追われているようです。

撤退したことによる影響は?

気になるのはセルの生産から撤退したことによってアフターサービスに影響があるのかということだと思います。

公式サイトを見てみると太陽光パネルは以前と変わらず同じ性能で販売されています。

そもそも公式サイトには撤退したという情報すらなかったため今後も経営方針は変えないということなのでしょう。

私は三菱電機が撤退したという事実すら知りませんでしたし。

当然現時点で三菱電機の太陽光発電システムを設置している方のサービスについても同様だと思います。

もし仮に何か変化があるとしたら確実にアナウンスされることになると思うので、それがないということは安心して今まで通りの生活を送っていけばいいと思いますよ。







おすすめの太陽光発電業者比較サイト

ソーラーパートナーズ

太陽光発電の見積もり件数4年連続No.1!審査通過率9.8%の厳しい審査を通過した優良業者を最大3社まで比較することができます。施工からアフターフォローまですべて同じ会社が行ってくれるので設置後も安心して運用することができます。業者の約65%が専属契約しているためここでしか見つからない業者がたくさんあります。太陽光発電の設置を検討しているなら必ず1度は利用しておきたいおすすめのサイトです。

タイナビ

登録業者数No.1!一度の見積もりで最大5社まで比較することができます。登録業者の情報はすべて開示されており透明性が確保されているだけでなく、ペナルティー制度によって苦情が一定数に達した業者は削除されるようになっています。つまり信頼できる業者だけから見積もりを取ることができるようになっているというわけです。顧客満足度は驚異の98%!太陽光発電を安く設置したい方はぜひ利用してみてください。

-三菱電機
-, ,

Copyright© 太陽光発電の設置価格が業者によって違う理由 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.