愛媛の太陽光発電の価格は見積もりで調べよう

愛媛の太陽光発電の価格は見積もりで簡単に調べることができます。

太陽光発電の設置価格は年々安くなっており、2017年時点では1kW当たり32万円前後が相場となっています。

しかし条件によっては1kW当たり20万円台後半まで安くしてもらうこともできますので、業者を選ぶ際には価格を一つの判断基準にするといいでしょう。

愛媛県で実際に太陽光発電を設置した方はどのような感じになっているのか調べてみると以下のようになっていました。

メーカー容量設置費用単価売電実績設置場所
長州産業10.33kW2,950,000円285,576円/kW38,741円/月新居浜市
パナソニック4.88kW2,290,000円469,262円/kW9,768円/月大洲市
ソーラーフロンティア3.40kW1,132,000円332,941円/kW13,769円/月四国中央市

上記は2014年から2015年にかけて太陽光発電を設置した方のデータとなっています。

パナソニックを導入した方はやけに単価が高くなっていますが、詳しく調べてみると太陽光発電と同時にIHクッキングヒーター・エコキュートを購入したためにこの値段になってしまったようです。

もし太陽光発電のみなら100万円ぐらいは安くなったと思うので、そう考えると相場としては悪くない金額だと思います。

長州産業のパネルを設置している方は10kW以上の規模になっており、設置した時期は2年近く前になりますが単価がかなり安くなっていますね。

容量を大きくすればするほどそれだけ割引率も高くなるので設置を検討している方は可能な限り屋根にパネルを載せた方がいいと思います。

ソーラーフロンティアのパネルを設置している方は若干単価が高くなっていますが、2017年現在で考えると3万円~4万円ぐらいは単価が安くなると思います。

長州産業もパナソニックもソーラーフロンティアも国内のメーカーとしては単価が抑えやすいところなので、国内のメーカーの方がいいという方はこれらの中から選ぶといいと思います。

特に長州産業を選択している方は保証が充実していたからという理由で選んでいる人も多いので、業者が取りあえ使っているなら候補に入れてもいいと思います。

太陽光発電を設置する上で最も重要なのは優秀な業者に施工を依頼できるかどうかなので、設置する前に必ず一括見積もりを利用して、めぼしい業者に訪問見積もりをしてもらってからどれを設置するのがいいのかを決めるようにしましょう。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク