和歌山で太陽光発電を設置する際の補助金について

和歌山で太陽光発電を設置する際に補助金が出るのかどうか解説していきたいと思います。

太陽光発電を設置する際に普及を促す目的で費用の一部を負担する補助金制度が作られましたが、2014年以降は太陽光発電の価格が充分に下がったとして国からの補助金は廃止されてしまいました。

今後も復活する予定はありませんが、2017年現在でも一部の県や市区町村の自治体で補助金が残っているところがあります。

調べてみたところ、和歌山県ではごくごく一部の地域で補助金が残っていましたが県からの補助金はすでに打ち切られていました。

例えば和歌山県の有田郡有田川町では以下のようになっています。

上記を見ると補助金は12万円となっていますが、詳しく調べてみると1kW当たり4万円となっており上限が12万円でした。

3kW以上のパネルを設置することで満額もらえるのでほとんどの方が12万円支給されることになると思います。

上記では有田郡有田川町という和歌山県に住んでいないと知らないような場所を例にあげましたが、その理由はほかの自治体では補助金が打ち切られていたからです。

もしかしたら他の地域でも残っているところはあるのかもしれませんが、あってもごく一部だと思います

他の地域の補助金がどうなっているのか知りたい方は以下のページから確認することができます。

→ 和歌山県の太陽光発電の補助金はこちらから

先ほども言ったようにほとんどの地域で補助金は打ち切られているためあまりあてにしない方がいいでしょう。

和歌山県で少しでも安く太陽光発電を設置したい場合は複数の業者から見積もりを取って費用を比較してみるといいでしょう。

業者が違うだけで20万円以上差が出ることも珍しくないので、自宅の屋根にあった業者が見つかるまで検討してみるといいと思います。

1kW当たりの費用が30万円以下に抑えられるようだったらその業者に依頼してもいいかもしれませんが、アフターフォローなどの保証がどうなっているのかもしっかりと確認しておいた方がいいでしょう。

業者を比較する際はタイナビやソーラーパートナーズと言った一括見積もりサイトを利用すると効率よく行うことができるので、まだ利用したことがないという方は是非利用してみてください。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク