石川県で太陽光発電を導入した場合の発電量

石川県で太陽光発電を導入した場合の発電量はどれくらいになるのか調べていきたいと思います。

太陽光発電を設置する前に自分の住んでいる地域ではどれくらいの発電量になるのか気になっている方は多いと思います。

石川県を含む全国の予想発電量は以下のようになっています。

これを見ると石川県の発電量は他県と比較しても格段に少なくなっているのがわかりますね。

実は石川県は年間降水量が47都道府県中トップ5に入るぐらい天気が不安定な県になっています。

更に冬になると雪が積もってしまうため太陽光発電が機能しないことが多く、このように発電量が少なくなっているのです。

石川県の月ごとの発電量は以下のようになっています。

これを見てもわかるように冬に発電量が激減していますね。

これは予想発電量で雪が積もることは想定されていないので、実際の発電レポートを見ると冬の間はもっと発電量が少なくなっていると思います。

以上のようなことから石川県ではあまり太陽光発電の普及が進んでいません。

みなさん本当に元がとれるのかどうか不安に思っているということなのでしょう。

実際に石川県で太陽光発電を導入した方々の発電レポートを見てみると6~8年で初期費用が回収できるぐらいの売電収入を確保できている方ばかりでした。

確かに冬になると発電量が少なくなりますが、その分夏に予想よりも発電したという方が多かったです。

つまり石川県でも適正価格で設置することができれば問題なく初期費用が回収できるということになります。

2017年現在の適正価格は1kW当たり30万円前後ぐらいになっています。

メーカーにもよりますが、パナソニックやソーラーフロンティアのパネルを設置すれば1kW当たり26万円ぐらいで設置できることもあると思います。

少しでも安く設置するためには複数の業者を比較してみるのが必要不可欠となります。

実際に設置した方のコメントを見てみると業者によって価格に大きな差があったため絶対に比較した方がいいとのことでした。

太陽光発電を設置する業者を比較するには一括見積もりサイトを利用するのが最も効率が良いです。

中でもタイナビやソーラーパートナーズなどは実績も豊富で非常に多くの方が利用しているので安心して利用できると思います。

両サイトの登録されている業者は厳しい審査を通過した優良業者ばかりなので、その中から更に条件のいい業者を探せば納得のいくところが必ずあると思います。

一度に5社の見積もりを取ることができるためまだ利用したことがないという方は是非利用してみてください。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク