太陽光発電の2017年(平成29年度)以降の補助金

太陽光発電でもらうことができる補助金の2017年(平成29年度)以降の情報をお伝えしていきたいと思います。

1993年に導入され始めた太陽光発電を一般家庭に普及させるために1994年以降国から補助金が出るようになりました。

しかし技術革新が進み太陽光パネルの価格が下がってきた2006年に補助金は一度廃止されてしまいました。

これによって太陽光発電の導入件数は伸び悩んでしまうのですが、2009年から始まった売電のおかげで再び導入数が増えてきました。

この年に再び国からの補助金制度が開始されることになり、太陽光発電の導入数は一気に増えていきます。

2011年になると補助金制度に「上限キャップ価格」という仕組みが組み込まれることになり、より確実に補助金を受けられるように太陽光パネルの値段もそれに合わせて下げられていきます。

2014年になると導入費用が十分下がってきたため再び国からの補助金がなくなったのですが、県や市区町村の各自治体から得られる補助金は一部今でも残されています。

自分の住んでいる地域で太陽光発電を導入した場合補助金を受けられるのかどうかは以下から調べることができます。

→ 最新の補助金情報はこちらから

例えば島根県の松江市を調べてみると以下のような結果になりました。

国と県からの補助金はありませんが松江市からの補助金が受けられるようになっており、太陽光発電システムに対して1kW当たり3.4万円(13.6万円を上限)を受けられるようになっています。

上限を見る限り4kWまでの設置なら補助金は出るということですね。

上記のサイトは常に情報が更新されるため、2017年度(平成29年度)以降でも調べることができるようになっていると思います。

これから太陽光発電を設置しようと考えている方は補助金が出るかどうか上記のサイトから調べてみてください。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク