香川の太陽光発電の価格は見積もりで調べよう

香川の太陽光発電の価格は見積もりで簡単に調べることができます。

太陽光発電の設置価格は年々安くなっており、2017年時点では1kW当たり32万円前後が相場となっています。

メーカーや施工業者によってはこの相場よりも安く設置できることもあるので、できるだけ多くの業者から見積もりをとって比較してみるのがおすすめです。

特に香川県では県からの補助金も残っていますし、自治体からの補助金も多くの地域で残っており20万円から30万円近く補助してもらうことができるので、条件次第では非常に早い段階で初期費用を回収できる可能性もあります。

香川県で実際に太陽光発電を設置した方はどのような感じになっているのか調べてみると以下のようになっていました。

メーカー容量設置費用単価売電実績設置場所
三菱電機6.24kW1,340,000円214,744円/kW17,325円/月仲多度郡多度津町
インリー49.50kW14,000,000円282,828円/kW200,000円/月高松市
三菱電機6.72kW1,520,000円226,190円/kW21,953円/月高松市
パナソニック9.12kW3,388,300円371,524円/kW28,000円/月綾歌郡宇多津町
シャープ5.88kW2,372,000円403,401円/kW11,932円/月高松市
長州産業6.0kW1,750,000円
303,333円/kW17,759円/月高松市

これらのデータは2014年から2015年に香川県で太陽光発電を設置した方の情報になっています。

これを見ると三菱電機のパネルを設置した方はかなり単価を安くすることができていますね。

三菱電機は2015年に事業改革を行いパネルの低コスト化を実現しており、単価を安く抑えることができるようになりました。

上記を見ると20万円台前半で設置できているので、この金額なら6年から7年ぐらいで初期費用が回収できると思います。

シャープとパナソニックのパネルを設置している方は単価が割高になっていますが、シャープを設置した方は同人にエコキュートを導入したためにこのような金額になってしまったようです。

一方、パナソニックの方は太陽光発電だけなのにこのような金額になってしまっています。

原因を調べてみると工務店の勧めで太陽光発電を設置してしまったらしく、業者を比較することなく施工を依頼してしまったようです。

新築にした際には必ずと言っていいほど太陽光発電の設置を進められるのですが、ほとんどの場合で提携先の業者に設置を依頼することになり、中間マージンが発生していることもあり料金は割高になってしまいます。

少しでも費用を抑えたいと思っている場合は業者を比較するのは必須とも言える作業で、一括見積もりを利用した人の中にはハウスメーカーの見積もりよりも100万円も安くなったという人もいるぐらいです。

初期費用が高すぎると10年以内に回収することもできなくなりますし、結局赤字だったということにもなりかねないので、太陽光発電を設置する際は必ず一括見積もりを利用して業者を比較してください。

業者選びを間違わなければ補助金もありますし8年前後で初期費用を回収できると思いますよ。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク