長崎の太陽光発電の価格は見積もりで調べよう

長崎の太陽光発電の価格は見積もりで簡単に調べることができます。

太陽光発電の設置価格は年々安くなっており、2017年時点では1kW当たり32万円前後が相場となっています。

メーカーや施工業者によってはこの相場よりも安く設置できることもあるので、できるだけ多くの業者から見積もりをとって比較してみるのがおすすめです。

自治体によっては補助金が残っているところもありますが、長崎県では補助金が残っているのはごくごく一部の地域だけだったのであまりあてにしないようにしてください。

長崎県で実際に太陽光発電を設置した方はどのような感じになっているのか一括見積もりサイトを調べてみたのですが、長崎県では設置件数自体が少なく見つかったデータも最新のもので2013年だったのであまり参考になりませんでした。

最近の傾向では国内のメーカーでは発電量を確保することができるパナソニックや、単価が安くなりやすいソーラーフロンティアなどの人気が高くなってきています。

パナソニックはパネルの性能がいいのはもちろんのこと保証制度も充実しているため安心感があると考える人が多いようです。

ソーラーフロンティアは他社が採用していないCISパネルを採用しており、パネル1枚当たりの発電量は他社に劣るもののその分コストを安くすることができるようになっています。

なので広い屋根があるという方はソーラーフロンティアを設置することで単価を安く抑えることができるようになっています。

海外のメーカーではQセルズやカナディアン・ソーラーが人気を集めており、どちらのメーカーも比較的単価を安く抑えられる傾向にあります。

一括見積もりサイトを利用するといろいろな選択肢が出てくると思うので、何を優先するかを自分の中でしっかりと決めておいた方がいいでしょう。

最もやってはいけないことはハウスメーカーなどがすすめる業者に施工を依頼することで、これは業者同士が提携しているため中間マージンが発生してしまい、その分費用が高くなってしまいます。

初期費用が高くなってしまうと10年で回収できない可能性が出てくるので注意が必要です。

導入の流れとしては一括見積もりを利用し、複数社に訪問見積もりをしてもらってその中から納得のいく業者に施工を依頼するという感じになると思います。

優良業者を見つけることができれば7年から8年で初期費用を回収することも可能になるのでいろいろ検討してみてください。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク