東京の太陽光発電の価格は見積もりで調べよう

東京の太陽光発電の価格は見積もりで簡単に調べることができます。

2017年現在ではだいたい1kW当たり25万円から30万円ぐらいで設置できれば費用が抑えられている方だと思います。

東京都では23区に住んでいる場合は補助金が残っているところが多いですが、それ以外の地域に住んでいる方は補助金が打ち切られている場合も多いと思います。

この2年の間に東京都で実際に太陽光発電を設置した方はどのような感じになっているのか調べてみると以下のようになっていました。

メーカー容量設置費用単価売電実績設置場所
Qセルズ5.72kW1,320,000円230,769円/kW9,951円/月品川区
ソーラーフロンティア8.40kW1,730,000円205,952円/kW22,814円/月八王子市
ソーラーフロンティア2.70kW1,056,000円391,111円/kW2,500円/月足立区
パナソニック4.38kW1,322,900円302,032円/kW12,267円/月大田区
ソーラーフロンティア3.30kW1,500,000円454,545円/kW7,782円/月世田谷区

単価が高くなっている方は太陽光発電と同時にオール電化を導入している方です。

オール電化にするためにIHクッキングヒーターやエコキュートなどを導入しているため、これがなければ費用は50万円から100万円ぐらいは安くなっていたと思います。

5kW以上の容量を設置できている方はかなり単価を安く抑えることができているのがわかります。

Qセルズを利用している方は1kW当たり23万円となっており、現在の相場を考えると悪くない金額だと思います。

Qセルズはドイツのメーカーなので、外国産でもいいという方は候補に入れてもいいのではないでしょうか。

ソーラーフロンティアを利用している方は容量が大きいこともあって1kW当たり20万円で導入することができていますね。

ソーラーフロンティアのパネルは1枚当たりの発電量が若干少ないためこの規模を設置しようと思ったらかなり屋根が広くないと無理だと思います。

売電収入もかなり高くなっているので、この感じだと5年から6年ぐらいで元が取れそうですね。

このように施工を依頼する業者をきっちりと選んでおけば東京でもかなり安く設置できるということがわかりました。

この規模で設置できる方はかなりまれだと思いますが、業者を間違えなければ高くても相場ぐらいで設置できると思いますので、設置を検討している方はとにかく業者選びに力を入れるようにしてください。

業者を選ぶ際は一括見積もりを利用して候補に挙がった業者に依頼するのが一番確実で効率が良いので、本サイトでも紹介しているタイナビやソーラーパートナーズなどの一括見積もりサイトを利用するといいでしょう。

業者ごとに扱っているパネルが異なるので特にこだわりがないという方はその業者が得意としている(安く取り扱っている)メーカーを利用するといいでしょう。

訪問見積もりの際には価格を交渉することで更に割引してくれる可能性もあるのでダメもとで試してみてください。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク