地域別情報 補助金に関する情報

神奈川で太陽光発電を設置する際の補助金について

更新日:

神奈川で太陽光発電を設置する際に補助金が出るのかどうか解説していきたいと思います。

2017年9月時点で国からの補助金は一切ありませんが、県や自治体からはまだ一部補助金を支給しているところがあります。

県からの補助金が残っているとこは少ないのですが、調べてみたところ神奈川県では県からの補助金が残っているようなので地域によってはかなり補助金を受け取ることができるかもしれません。

例えば神奈川県の横浜市では以下のようになっています。

県からの補助金を見てみると「ネット・ゼロ・エネルギー・ビル導入事業」と「蓄電システム導入費補助金」に対して補助金が支給されるようになっています。

1つ目の方は太陽光発電のみを導入する場合はほぼ確実に無関係になります。

2つ目の方は太陽光発電に蓄電池を併用する場合にのみ補助金を受け取ることができるようになっています。

1つ目の補助金と併用しない場合は「補助対象経費の1/3以内かつ、9万円/kWh×蓄電システムの蓄電容量(kWh)、上限40万円」となっています。

現在蓄電池で主流となっているのは6kW~8kWぐらいの容量で、導入費用は200万円から300万円ぐらいなので太陽光発電と合わせると補助金は1割程度しか出ないということですね。

蓄電池の容量を少なくすれば費用を節約することもできますが、後々のことを考えると大きな容量を設置しておいた方がいいでしょう。

ただ蓄電池を設置しても現時点では元をとれるかどうかがかなり怪しいので、太陽光発電のみを設置する方が無難でしょう。

一方、横浜市からの補助金は「横浜市内に存する一戸建ての住宅又は共同住及び長屋、耐震性能を有する建築物が対象」となっており、費用の3分の1、上限は一般改修住宅40万円と決められています。

太陽光発電の設置でも補助金の対象になっているため、上記に該当するようなら最大で40万円は補助してもらえます。

ほとんどの方は費用の3分の1になると思いますが、条件に該当する方がどのくらいいるのかはわかりません。

横浜市に住んでいるという方は自分が対象になっているのかしっかりと確認しておいた方がいいでしょう。

なお神奈川県の別の地域の補助金に関しては以下のページから確認することができます。

→ 神奈川県の太陽光発電の補助金はこちら

地域によって補助金の申請条件は大きく異なるため、自分の住んでいる地域の規約をしっかりと確認しておきましょう。







おすすめの太陽光発電業者比較サイト

ソーラーパートナーズ

太陽光発電の見積もり件数4年連続No.1!審査通過率9.8%の厳しい審査を通過した優良業者を最大3社まで比較することができます。施工からアフターフォローまですべて同じ会社が行ってくれるので設置後も安心して運用することができます。業者の約65%が専属契約しているためここでしか見つからない業者がたくさんあります。太陽光発電の設置を検討しているなら必ず1度は利用しておきたいおすすめのサイトです。

タイナビ

登録業者数No.1!一度の見積もりで最大5社まで比較することができます。登録業者の情報はすべて開示されており透明性が確保されているだけでなく、ペナルティー制度によって苦情が一定数に達した業者は削除されるようになっています。つまり信頼できる業者だけから見積もりを取ることができるようになっているというわけです。顧客満足度は驚異の98%!太陽光発電を安く設置したい方はぜひ利用してみてください。

-地域別情報, 補助金に関する情報
-, ,

Copyright© 太陽光発電の設置価格が業者によって違う理由 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.