ソーラーフロンティア

ソーラーフロンティアに将来性はある?

投稿日:

ソーラーフロンティアに将来性はあるのか気になっている方は多いようです。

ソーラーフロンティアは純国産のソーラーパネルを生産しており、日本で唯一CIS太陽電池の開発・販売を行っています。

CIS太陽電池はシリコンパネルに比べて低コストで生産できるのに加えて、熱に強いため日本の環境でも発電力が変わりにくいといわれています。

ソーラーフロンティアが実施して試験では実際の環境でどのくらい発電を行うかという実発電力を計測する試験で他の大手メーカーに劣らない数字をたたき出しています。

個人的には非常に期待しているメーカーであり将来性もあると思っています。

純国産メーカー

日本人は何かと生産地を気にする傾向にあり、それは太陽光発電でも例外ではありません。

なぜなら安さでは海外メーカーのパネルの方がはるかに安いのに、国内のシェアはシャープやパナソニックが常にトップとなっているからです。

ですがこれらのメーカでも純国産というわけではなく海外に生産拠点があるのはもちろんのこと、シャープに至っては鴻海に買収までされましたよね。

気にならない人はそれでいいのですが個人的にはやはり国内のメーカーの方がもしもの時に頼りになると思っています。

ソーラーフロンティアは生産工場も国内に設置されており、すべての部品が純国産となっています。

当然サポート体制も充実しており万が一の時にはいち早く対応してくれます。

ほかのメーカーでももちろんそうだと思いますが、やはり”純国産”という響きにはかなわないと思います。

日本で唯一CIS太陽電池

先ほども触れたようにソーラーフロンティアは日本で唯一CIS太陽電池の生産を行っており、世界でも最も品質の高いパネルを製造しています。

実発電力でもトップを誇っており、熱に強い性質があるため直射日光が当たる環境でも性能を落とすことなく発電してくれます。

日本でデータ通りの環境になるのはわずか数時間程度といわれているので、実環境に合わせたテストでいい成績を出しているのは信頼できると思います。

発電効率の点ではまだシリコンパネルに遠く及びませんが、今後改良を重ねていけば肉薄できる可能性はあるでしょう。

設置価格が安い

CIS太陽電池はシリコンパネルに比べて安価に製造できることで知られています。

安価で製造できるということは消費者の手元に届くのも安くなりやすいということで、実際に設置した方は1kwあたりの単価がかなり安くなっています。

調べたところ2018年の段階で1kwあたり20万円ぐらいで設置できていた人もいるのでかなり安くなっていることがわかります。

太陽光パネルの単価はそろそろ下げ止まりするといわれていますが、シリコンパネルに比べれば圧倒的に安いのは間違いないでしょう。

実際国内のシェア率はだんだん上がってきており、2016年には10%を超えているというデータもありました。

以上のような理由からソーラーフロンティアには将来性があると思っています。

太陽光発電の設置を検討しているならぜひソーラーフロンティアも視野に入れて考えてみてください。







おすすめの太陽光発電業者比較サイト

ソーラーパートナーズ

太陽光発電の見積もり件数4年連続No.1!審査通過率9.8%の厳しい審査を通過した優良業者を最大3社まで比較することができます。施工からアフターフォローまですべて同じ会社が行ってくれるので設置後も安心して運用することができます。業者の約65%が専属契約しているためここでしか見つからない業者がたくさんあります。太陽光発電の設置を検討しているなら必ず1度は利用しておきたいおすすめのサイトです。

タイナビ

登録業者数No.1!一度の見積もりで最大5社まで比較することができます。登録業者の情報はすべて開示されており透明性が確保されているだけでなく、ペナルティー制度によって苦情が一定数に達した業者は削除されるようになっています。つまり信頼できる業者だけから見積もりを取ることができるようになっているというわけです。顧客満足度は驚異の98%!太陽光発電を安く設置したい方はぜひ利用してみてください。

-ソーラーフロンティア
-,

Copyright© 太陽光発電の設置価格が業者によって違う理由 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.