その他

卒FITで注目を集めるVPPとは?

更新日:

卒FITで注目を集めるVPPとはいったい何なのかわかりやすく解説していきたいと思います。

VPPとは日本のこれからのエネルギーシーンで中心となる可能性が高い新しい電力供給の形です。

VPPはバーチャルパワープラント(Virtual Power Plant)の頭文字をとっています。

従来の日本のエネルギー供給では各地域の大手電力会社がそのエリアの電力供給を一手に担っており、消費者が必要な分だけ供給するという形をとっていました。

しかし東日本大震災をはじめとした度重なる災害で消費者自身で電力の供給を調節する必要性が認識され始めました。

それに伴い太陽光発電や家庭用燃料電池などのコージェネレーション、蓄電池、電気自動車、ネガワット(節電した電力)など、消費者側に導入される分散型のエネルギーリソースの普及が進みました。

このような背景から、大規模発電所(集中電源)に依存した従来型のエネルギー供給システムが見直されるとともに、消費者側のエネルギーリソースを電力システムに活用する仕組みの構築が進められています。

ただしこれらのエネルギーリソースは自然環境に左右されるため安定供給が困難だと考えられてきました。

しかし最近ではIoTを活用することにより効率よくエネルギーを使えるようになっています。

例えばHEMSなどがそうですね。

これは1つの家庭内で完結するシステムですが、この規模を大きくしていくとVPPになると考えるとわかりやすいと思います。

VPPではアグリゲーターと呼ばれる業者が一般家庭から電力を集め、それをIoTを活用して必要なところに必要な分だけ供給するようなシステムとなっています。

少し専門的な言い方をすると、VPPは負荷平準化や再生可能エネルギーの供給過剰の吸収、電力不足時の供給などの機能として電力システムで活躍することが期待されています。

簡単に言うと電力供給におけるリスク分散を行っているということですね。

詳しくは説明しませんがこの考え方はブロックチェーン技術に似たところもあります。

卒FITで導入が進む

少し前から電力業界に新規で参入できるようになり続々と新しい企業が参入してきています。

ただしこれまでは電力供給だけで電力の買取は大手電力会社が行っていました。

しかし卒FITに伴い電力の買取事業に多くの会社が参入してきて、大規模な発電所を持っていなくても一般家庭に電力を供給できるチャンスが巡ってきています。

当然システムとして採用されるのはVPPで、新規電力会社は電力確保のため大手電力会社よりも高値で買取を行うと表明しているところがほとんどです。

その中でリミックスポイントという会社はVPPを構築することをすでに表明しており、IBMと協力してブロックチェーンの技術まで取り入れると発表しています。

リミックスポイントの情報については以下のページを参考にして下さい。

https://www.grimaco.org/baiden/sotufit-remixpoint/

これからの電力供給はVPPの割合が増えていくことは間違いないでしょう。

特に新規で参入してきた電力会社の取り組みには注目しておいた方がいいと思いますよ。

参考:経済産業省資源エネルギー庁ホームページ
URL:https://www.enecho.meti.go.jp/category/saving_and_new/advanced_systems/vpp_dr/about.html







おすすめの太陽光発電業者比較サイト

ソーラーパートナーズ

太陽光発電の見積もり件数4年連続No.1!審査通過率9.8%の厳しい審査を通過した優良業者を最大3社まで比較することができます。施工からアフターフォローまですべて同じ会社が行ってくれるので設置後も安心して運用することができます。業者の約65%が専属契約しているためここでしか見つからない業者がたくさんあります。太陽光発電の設置を検討しているなら必ず1度は利用しておきたいおすすめのサイトです。

タイナビ

登録業者数No.1!一度の見積もりで最大5社まで比較することができます。登録業者の情報はすべて開示されており透明性が確保されているだけでなく、ペナルティー制度によって苦情が一定数に達した業者は削除されるようになっています。つまり信頼できる業者だけから見積もりを取ることができるようになっているというわけです。顧客満足度は驚異の98%!太陽光発電を安く設置したい方はぜひ利用してみてください。

-その他
-,

Copyright© 太陽光発電の設置価格が業者によって違う理由 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.